日々の色々・・・

仕事、お金、人間関係、世の中課題がてんこもり・・・

改めてFX、先物取引とは・・・

知り合いに「先物取引って何だ?」と言われて、改めてFX、先物取引とは何かを調べてみました。

 

まず、為替、FXの歴史から・・・

 

1973年に変動相場制が採用。

それまでは日本も固定レートで、1ドル=360円!!

今考えるとものすごい円高ですね!!

 

変動レートになると貿易関係、金融機関で損益が大きく変わります。

そこで、為替取引の部署が発達したそうです。

外国為替=Foreign Exchange

略してForex、FXと呼ばれる様になりました。

FXとは外国為替全般の事を指していたんですね。

 

日本でFX(外国為替証拠金取引)ができる様になったのは1998年がスタートなんですって!!

 意外に歴史は浅いです。

 

でもチャート、株の歴史は長いですよね。

だって、”エリオット波動”は1934年頃だし、ストキャスティクスは1950年代のテクニカル分析ですからね。

 

ちなみに今のFX業者は信託保全により顧客資産は100%保証されています。

ペイオフを考えると銀行よりも安全みたいです。

 

次に不思議な先物取引です。

先物取引とは、決められた期日に商品を約定した金額で取引する事です。

先物取引「証拠金」で取引されます。それと「レバレッジ」がききます。

特徴は、日経平均などの株価指数を対象とする取引の事です。

 

ちなみにFXは取引の仕方は似ていても(レバレッジなど)「為替先物取引」ではない様です。別に「為替先物取引」があるそうですよ。