日々の色々・・・

仕事、お金、人間関係、世の中課題がてんこもり・・・

9月22日週 トレードプラン

09.19のプランでは、思った以上に早く手仕舞いができました。

 

只、USDJPYだけは、強いですね。

勝てませんというか、勝負させてもくれません。

 

今回のプラン作成も、狙える時間軸もなく、やるなら、月足61.8%ターゲットでエントリーは勝率の低いブレイクアウトしかないですね。(私の勝率です)

なので、多分見送ります。

 

では、他の通貨です。

今回から時間軸のターゲットも絞り込んでみました。

 

高値と高値(安値と安値)のフィボナッチタイムゾーンは100.0%狙い。

A⇒B⇒Cのフィボナッチ タイムエキスパンションでは、61.8%、100.0%、161.8%がターゲットです。

 

 

<EURUSD>

 

f:id:crane2014:20140921142602p:plain

 

 

 

 

 

 

直近安値のB点(記入し忘れました)を実態でブレイクしてクローズです。

月曜日のオープンにもよりますが、エントリーできたら、この足の安値に逆指値で”sell”します。

 

 

<AUDJPY>

 

f:id:crane2014:20140921143247p:plain

f:id:crane2014:20140921143259p:plain

 

 

 

 

 

 

 

エントリーは1枚目の青く印した足の高値で指値を置いておきます。

ターゲットは2枚目です。

 

 

<AUDUSD>

 

f:id:crane2014:20140921143455p:plain

 

 

 

 

 

 

AUDUSDもB点で均衡しています。私の苦手なブレイクアウトを試してみようと考えています。

 

 

今私が読んでいる「フィボナッチブレイクアウト 売買法」、この本も非常に勉強になります。

1つ気が付いた点がフィボナッチに関連する書籍は(トレーディング、ブレイクアウト売買法、逆張り売買法」共に調整波について比較的詳しく(題材にして)記述してあります。

 

私はAB=CDパターンを狙っているので、どれも勉強になります。

ちなみにAB=CDパターンは「逆張り売買法」の中えの話で、他の書籍では”ABC調整波”などと呼ばれています。

 

FXではエリオット波動でいう推進波よりも調整波が多く、トレンドは継続し易いという特徴から私はAB=CDパターンに絞ってプラン作成をしています。

 

そして、新しくタイムゾーンを見ていき、どの辺りが意識されやすいのかを見ていきます。

 

<09.18 トレード結果>

 

”AUDUSD”

2014.09.18/21:18⇒22:51

0.89956⇒0.89667

利益:+31.6pips、+21.1pips、+10.7pips

(分割決済)

 

”EURSD”

2014.09.18/21:09⇒2014.09.19/01:38

1.29212⇒1.298999

利益:+23.3pips、+10.8pips