日々の色々・・・

仕事、お金、人間関係、世の中課題がてんこもり・・・

FXはギャンブル?ギャンブルという意味を考えてみました。

世間一般でFXはギャンブルと思われている方が非常に多いです。

 

私の見解ではFXをギャンブルと言う人は、

 目先の値動きに翻弄されてエントリーし、大損して辞めた人がネットなどで「ギャンブル」と批判した。

 そこから始まり、定着したと私は考えます。

 

それと合わせて、9割が負けるこの金融商品ですから、尚更ネットなどで検索すると「ギャンブル」というワードがヒットするのでしょうね。

 

 

では、FX、先物取引株価指数、株価先物これって全てギャンブルですか?

 

 

違いますよね。

損をして批判を口に出す人が「ギャンブラー」で、トレードをしている人は「トレーダー」と私は思っています。

 

なぜ損をし辞めた人(ギャンブルと定義付けている人)がギャンブルと言うのかを考えてみました。

・軽率な考えでトレードをした

・損を抱え込み、トレードする為の資金を失い批判をいう

・トレードに必要な知識に貪欲さがない

・自己投資をしない(学ぶことをしない)

 

私はトレードを適当にやっている人も同類と思っています。

現に適当にやっている人はギャンブラーと同じ様な考えを持っています。

 

 

 只、ギャンブルと言いたいことも理解はできます。

要は上か下か。

 

ですからね。単純明解です。

 

それを言ったら、全ての商売や試験も一緒だと思いますよ。

なぜなら、答えは2つ”YES”か”NO"かですから。

 

それは違うと思う人もいるのは確かです。

只、こう考えてみると、多少理解してもらえるのではないでしょうか?

 

 

試験、商売は努力で”YES”の確率を高めることができる。

 

 

その通りです。

でも、FXも一緒ですよね?

 

いろんな人のブログや本から手法、トレード、経済を学び”YES”の確率を高めるために私も含めみんな勉強しているんですよね?

 

 

ですから私は”ギャンブル”という言葉の定義を考えてみたいと思います。

 

”ギャンブル”

⇒何の知識も情報も得ず、安易な考えでお金を得る。又は得ようとすること。

損をしても、検証や対策をせず考えようともせずに思うがままに動くこと。

 

ですから、一般的にギャンブルと言われているパチンコや競馬。

これらだって、分析して多大な利益を生み出している人もいます。

なぜ利益を出せるのかと言うと、自分に投資してるからですよね。

 

それは”ギャンブル”ではなく”投資”だと私は考えます。

彼らは”ギャンブラー”ではなく”投資家”です。

 

この内容はあくまでも主観です。