日々の色々・・・

仕事、お金、人間関係、世の中課題がてんこもり・・・

EURUSD>短期売買と今後の行方と方向・・・

今のEURUSDのチャートから今後の行方は、まだ調整局面と考えています。

 

ターゲットは、

https://charts.mql5.com/7/571/eurusd-h4-trading-point-of.png

 

 

 

 

 

 

・AB/Ret 78.6%

・abc/FE 161.8%

といったところでしょうか?

 

今検証中のオシレーターからみると、

https://charts.mql5.com/7/571/eurusd-h1-trading-point-of.png

 

 

 

 

 

 

(H1チャート)

Wボトム形成後の上昇局面にFFを当てています。

まず目先は、

FF/61.8%を割ることができるのか?

でしょうね。

 

 

オシレーターから今の方向を読むと、

・中期トレンド⇒上昇

・短期トレンド⇒上昇

 

只、中期ボリンジャーのミドルラインが押し目になっているので、急激な上げや長期トレンドの強い押し目がくるとは考えにくいです。

 

 

このオシレーターから強いトレンドの場合は、

 

中期ボリンジャーの±1σがサポートになり上昇、下落していきます。

https://charts.mql5.com/7/571/eurusd-m30-trading-point-of.png

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。

中期ボリンジャーをブレイクした後を狙っていくということです。

 

ちなみに16日も1トレード実施しました。

この上昇局面の中、”ショート”エントリーです。

https://charts.mql5.com/7/571/eurusd-m5-trading-point-of-2.png

 

 

 

 

 

 

15時30分過ぎにM5で下落していきました。その中の短期”ショート”エントリーです。

 

まず、中期ボリンジャーを短期ボリンジャーが下にブレイクし、中期ボリンジャーの-1σの下で推移。(下矢印)

この下落に気が付いた時は〇で囲った部分の時です。

この値動きの中、強い陽線の次の陰線。

また下にくるだろうと考え、

・FE/上昇の上値(戻し上値)を推測

・FF/78.6%をブレイクするのを確認

 

といったトレードです。

短期トレードに徹しているので、10pips獲得です。

 

 

今回チャートを観察していき気が付いた点が、

長期ダウントレンドの中の上昇中。(調整局面)

上昇でも上ひげが多く長いですね。

やはり長期ダウントレンドに従って”ショート”を狙った方が下落のパワーが強いと判断できます。

 

 

 

このトレードでは投入金額を多めにしているので、利益は高いです。

 

 

※只、このトレードでも入ったポイントが早かったのが原因で1つS/Lがありました。

総額で+になっていますが、エントリーポイントによっては-ももちろんあります。

何事にも根拠を持ってトレードすることが大事です。