日々の色々・・・

仕事、お金、人間関係、世の中課題がてんこもり・・・

2014.08.13 8月の連休です。

連休に入りました。

私は兼業なので、普段の仕事は連休です。

 

私は、専業トレーダー又は、このトレードから学んだ事などを介して自分でビジネスをやりたいと考えています。(ゆくゆくですが・・・)

 

まずはトレードで利益を出せる様に、この連休などを利用し時間の許す限り、勉強していきます。

 

今日は、AUDUSDペアのチャートで今後の展開を考えてみました。

まず、チャートです。

f:id:crane2014:20140813115526p:plain

f:id:crane2014:20140813115536p:plain

  

 

                 AUDUSD H1                     AUDUSD Daily

 

   bとdでWボトム形成(トレンド転換)。今現在押し目の形成にかかっていると考えています。

 

そこで各フィボナッチのツールを使用して、押し目の終わりのポイントを出しました。

a⇒b リトレースメント 61.8%

b⇒c⇒d エキスパンション 161.8%

b⇒c エクステンション 1.786%

 

この値が0.963208付近になります。

この値段がレジスタンスになると考えています。

 

日足チャートでこの値段が他のサポートレジスタンスになっているのかを確認してみると、今の下落のポイントのWトップのネックラインに丁度値しています。

 

私の今後の予想では、このネックラインまでは上がって、その後ネックラインを突破できずに、ダウンというシナリオを建てました。

 

長期足で見るとダウントレンドなので、このネックラインまで待って、ショート狙いです。

 

もし途中で下がっていったら直近安値0.92374⇒0.921までの範囲で狙いたいですが、値幅が少なすぎるので、危険な臭いがします。

 

0.921付近には強そうなレジスタンスがいます。やはり10⇔30を狙うのに、0.92374⇒0.921までだとピンポイントすぎて、逆に危ないと考えます。

0.921付近のレジスタンスが突破されたら、ショート狙いたいですね。

 

ファンタメンタル的にも2013年8月に政策金利引き下げがあったり、

RBA総裁はよく「豪ドルはまだ高い」なんて話される度に下落していましたからね。

口先介入ってやつですね。只市場ではもしかしたら、また政策金利が下がるのでは?何て見方からダウントレンドに・・・

 

というシナリオです。

さあ、どうなるでしょうか?

 

f:id:crane2014:20140813195811p:plain

 

 

 

 

 

 

日足にフィボナッチ タイムゾーンを当てはめてみました。

タイミングの大体の目安、節目になるかな?