日々の色々・・・

仕事、お金、人間関係、世の中課題がてんこもり・・・

2014.08.26 難しいチャートです・・・

2014.08.25のOPENではギャップができましたね。

 

各通貨の直近トレードプランを考えました。

 

<USDJPY>

 

ギャップ埋めましたが、USDJPYではオシレーターが買われ過ぎを指している為、今回エントリーはしませんでした。

そこから急落したら・・・

エントリーするための条件が1つだとチョット不安ですよね。

 

しかも、米10年利回りは下がっていますし・・・

 

まだタイミングを待ちたいと思います。

 

<EURUSD>

 

ギャップも埋めずにレンジ中です。

オシレーターも売られ過ぎをさしています。

 

まだ怖くてエントリーできませんね。

このペアもまだ待ちます。

 

<AUDUSD>

 

このペアはギャップを埋めました。

この通貨に関してはギャップ埋めを試し、+で出られました。

 

それと、直近安値からのブレイクアウトで指値売りしています。

 

このトレードは失敗に終わってます。只、下に抜けたところで、S/Lを移動しておいたので、チョットの-で終われました。

 

その後上がり、直近のレジスタントまで上がっているので、AUDUSDはレンジが続く可能性がでてきたと考えます。

 

今週が終わった時の日足チャートに注視したいと考えます。

 

<AUDUSD>

 

”sell”

2014.08.25/02:32⇒2014.08.26/00:32(GMT)

0.93117⇒0.92767

利益:+36.4pips

 

”sell”

2014.08.25/13:15⇒2014.08.26/01:04(GMT)

0.92874⇒0.92884

利益:-2pips

 

 

 

前から上手くいかないパターンがあります。

それは、

 

”ブレイクアウト”です。

 

直近の安値、高値から5pips以上離して指値で置いておきます。

そうると、ひげで拾って反転していきます。

今回のAUDUSDもブレイクアウトを狙ったエントリーでしたが、失敗に終わってます。(+10pipsまでは行きましたがその後反転・・・)

 

今のチャートからUSDJPYは特にギャップも埋めたので、高値ブレイクアウトを狙いたいところですが・・・

 

直前のパターンも重要なんでしょうね。

 

でもヘッドフェイクはどこで、”フェイクだ”と認識できるんでしょうね?

 

ブレイクアウトの手法は、ブレイク後初動の高値、安値からのエントリーが安全ですかね?

ネックラインに戻ってからの第2波が良いですかね?

 

FT2で試してみます。