日々の色々・・・

仕事、お金、人間関係、世の中課題がてんこもり・・・

EURUSDの見通し

今日は本業がお休みなので、チャートの勉強中です。

 

EURUSDのプランを出してみました。

 

f:id:crane2014:20140916125344p:plain

 

 

 

 

 

 

H1のチャートです。赤字で”sell”のところで”sell limit”しています。

 

短期AB⇒CD形成後の長期a⇒b⇒cからの反転狙いです。

 

今回は先日の時間軸の概念も取り入れ、チャートを観察していきます。

只、ユーロ今弱すぎるので、途中で下がりきるかもしれませんね・・・

 

今日は朝から”ブレイクアウト”の見方、最適なエントリー方法について、FT2を使ってシミュレーションしていました。

 

結果から言うと、・・・・・・・・という感じです。

 

まず、今のUSDJPYはまさにそれですが、ストキャスティクスが上に張り付き戻ってきません。

 

要はそれだけ強いブルということです。

しかも押し目も弱過ぎて確信を持ってエントリーできずにいます。

 

こんなに強いブルは狙えれば大きな利益につながります。

 

以前は直近高値に指値してましたが、どうも上手くいかず、ストップにかかっていました。

 

FT2でシュミレーションしたところ、日足でストキャスティクスが”買われすぎ”にいると、M30などの短期では、上値が重く売られ過ぎのクロスからロングエントリーしても、すぐに反転してきます。

利益も全く望めません。むしろS/Lにかかります。

 

ですから逆に長期ではアップトレンドでもストキャスティクスを信じて”ショート”エントリーすると、目標pips抜けます。(15~30pips)

 

という事はオシレーターは全く役にたたないということが言えます。

長期足がアップトレンドの中、ショートエントリーは難しいです。

いつ反転するのか気が気でないからです。

 

どういったフィルターを使えばうまくいくんでしょうかね・・・・